自宅ショップ、週末店舗、ガレージマーケット 雑貨屋さんQ&A ♯

グラスと猫雑貨屋さん開業

Q:自宅の駐車場で簡易ショップを開く際の注意点?

第66回ギフトショーの私のセミナーに参加されたw様からの質問。

Q:実験的に海外商品を自宅駐車場で売ってみたい

Q:本格的な店舗をかまえる前に自宅前の駐車場スペースを利用して、近所の人を対象に「ガレージセール」風に実験的に海外から直輸入した商品を販売したい(体験したい)のですが、その場合のメリットとデメリット。注意点は?(W様)

A:例え実験的な簡易店舗でもプロとしてのモラルを

メリット:

実際の販売を体験される事は大変結構だと思います。様々な経験が後に必ず活きてくるでしょう。

注意点(デメリット含):

お客様から金銭を頂戴しますので、簡易な場所であっても「プロ」としてのモラルは必要となります。

商品(オリジナル商品や直接輸入商品も)に対する責任。領収書の発行。ある程度のアフターケアなど。様々な既存のお店の販売の仕組みやお客様対応を参考にしながら「プロ」としての取り組みをお願いしたいと思います。

また、自宅前での販売ですので、一定のセキュリティにも配慮は必要かと思います。

そして、ご近所の方との間に金銭のやりとりが発生しますので、関係性が多少変わってくる可能性もあります。「買ってあげた」「買ってもらった」など。ご近所の方が「お客様」になります。

フットワークよく、いろんなイベントで試す

ガレージセールやフリーマーケットでは「激安価格」「値引き」「値段交渉」が当たり前ということもお忘れないよう。できれば、自宅前ではじめる前にイベントとして、いろんなところで開催されているフリーマーケットなどに参加され、他の参加者の販売方法などを参考にされることもよいでしょう。*もっとも店舗にくらべ簡易な方法の方が多いと思いますし、中には違法な販売方法もあると思いますので、ご留意ください。

また、海外からの直接輸入に関しましては必ず各種規制をクリアした適正な方法で輸入販売していただきたいと思います。

本格的可動の際は事業ビジネスとして、「開業届」を管轄の税務署に提出しましょう。

富本雅人

講師の紹介
雑貨の学校の講師について講師 雑貨コンサルタントⓇ 富本雅人tomimoto masato日本で唯一の雑貨ビジネス専門講師。雑貨コンサルタント(R)業務歴29年。指導歴19年。雑貨分野の教育とコンサルティングのさきがけ。雑貨デザイナー、商品

2008年当時の内容をそのまま掲載

2019年10月5日/2021年9月16日加筆修正 NO.799469