雑貨Q&A 雑貨売場の「モノからコト」の提案方法、ディスプレイ、陳列、VMD

Q:「モノ」から「コト」へとはどんなこと?

最近よく聞くフレーズですが、イメージがよくつかめません。
雑貨店の売場ではどう表現すればよいのでしょうか?
76回インターナショナル・ギフト・ショーセミナー参加のO様


A:「モノ」から「コト」の意味

主にコト(体験、生活、感性)を表現、訴求する売場提案のことです。
商品だけでなく、その商品を使っている場面や世界観をも感じてもらって共感して(買って)いただくのが狙い。


例1:単純に土鍋を陳列して販売することが「モノをアピールした販売」。
「あたたかい鍋物で家族団らんを」などと記したPOPを添付して、食器、レシピ本などを一緒にコーディネートして販売することが「コトをアピールした販売」する手法。

例2:輸入のデザインボールペンを 単なる「ボールペン」として、筆記具コーナーで他の商品とあわせて販売することが「モノ販売」。
デザインに優れた様々な文具を集めたコーナー(コーディネート)の中に陳列し、デザイン文具全般を使う場面(コト):使っているイメージを、お客様に想像させるのが「コト販売」。

ライフスタイル提案という言葉を聞いたことがありませんか。
インテリア関連のお店がよく使っている言葉ですが、本来はその商品だけでなく、それを使う“体験、生活、感性”=ライフスタイル=コトを提案するということです。

雑貨屋さんは、お客様に、雑貨を通してライフスタイルを提案するビジネス。
もちろん、その商品自体の良し悪しも大切ですが、売場での提案方法を工夫することで
さらに魅力的な商品と感じてもらうことも大切です。




2010年2月ギフトショー東京会場

スタイル、デザインでコーディネートした提案(2010年2月ギフトショー会場)


音楽をテーマにした雑貨提案
音楽をテーマにした売場提案

富本雅人


著作
はじめる雑貨屋さん   売れる雑貨屋さん



zakka_school


JUGEMテーマ:ビジネス



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

【雑貨の学校】受講生募集!店作りと雑貨の仕事の講座

人気雑貨店オーナー集合

ショップオーナー集合
10年続くお店も!

雑貨屋さん開業情報

selected entries

categories

search this site.

archives

recent comment

  • 20歳の生徒がルミネ新宿に雑貨のお店を開業。その2
    富本
  • 20歳の生徒がルミネ新宿に雑貨のお店を開業。その2
    齋藤(左)
  • 20歳の生徒がルミネ新宿に雑貨のお店を開業。その2
    三井(右)
  • 69ギフトショーセミナーご清聴御礼<(_ _)>
    yagi

links

profile

others

mobile

qrcode