はじめての雑貨屋さん。商談時の名刺、めいし、メイシ、visiting card、 calling card 、 business card……

名刺を持つ男

 

雑貨屋さんを開業したいと言う方からの質問で意外と多いのが,名刺に関して。
「名刺って必要?」 「何を書けばいいの?」 「住所(個人情報)を記載するのが怖い」
などなど。
多いときには15人程度のセミナー参加の方の中で5人!に質問されたことがあります。
今まで全くお仕事の経験の無い方や、別の業種からの起業の方からが多いです。

名刺を使用する場面としては
・取引先や各業者との商談時
・自店のお客様へお渡しする

が多いかと思います。
今回は前者の商談時の名刺について
「かわいい」「小さな」「自宅の一部を改装した」「期間限定の」雑貨屋さん、雑貨ショップ、お店であってもビジネスはビジネス。れっきとした商売(ですよね)
ビジネスに名刺は必須です。良し悪しは別として日本のビジネスは名刺を中心に回っている(笑)と言ってもいいくらい。

名刺がない人(たまたま切れている人ではなく)が商談(買付)に来たら,メーカーや作家などの取引先は「大丈夫なのか?」と不安になること必至。

また「住所や電話番号がなく、メールアドレスのみの名刺」「読めない!個性的すぎる名刺」……。

そんな不思議な名刺を出す人が来たら、「???????」となるのが普通のビジネスマン(ウーマン)の感覚かと。
超上級の作戦としてそれを狙っているアーティストや文化人、デザイナーの名刺もあるにはありますが、多くの小売店のオーナーやバイヤーの名刺にはそんなものはないです。

一方、個人情報保護に関する意識が高い現在、消費者(一般人)として、自身の個人情報をあまりさらしたくないと言うことで、名刺に住所や電話番号を入れたくない気持ちは良くわかります。僕も消費者としては個人情報は無闇にさらしたくないですもん。

でも、(現在と未来の)雑貨屋さんのオーナーとして、「ビジネス」をする場合には、
最低限の情報である
氏名/住所/電話番号/メールアドレス
は、ビジネスパートナー(取引先になるかもしれない先方)には伝える義務があると思います。
個人情報ではなく、ビジネス上の一種の公の情報ですよね。

開業準備中で店名(屋号/社名他)も場所も決まっていない人は
取りあえず自宅の住所でもいいでしょうし。
事情がわかるように「開業準備中」「開業準備室」などの文言を入れることもアリですね。

もちろん、個人情報に値するような内容を知らせたくない(信用できない?)相手とは、
そもそも商談(名刺交換)しない方がいいのではないでしょうか。
当たり前のことですが(^_^;)
ということも付け加えさせていただきます。

富本

参考:
いわゆる「起業」される方の為の説明ですが、ビジネスとしての「雑貨屋さん」「雑貨ショップ」起業にも参考になりそうです。
オールアバウト「信頼性を失わない名刺のポイント
 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

満員御礼!富本講師の雑貨セミナー@東京ギフトショー

“東京ギフトショー”3,200名様受講済。9月3日東京ビッグサイト。オーナー志望必聴のセミナーです。毎回ほぼ満員!

【雑貨の学校】受講生募集!店作りと雑貨の仕事の講座

人気雑貨店オーナー集合

ショップオーナー集合
10年続くお店も!

selected entries

categories

search this site.

archives

recent comment

  • 20歳の生徒がルミネ新宿に雑貨のお店を開業。その2
    富本
  • 20歳の生徒がルミネ新宿に雑貨のお店を開業。その2
    齋藤(左)
  • 20歳の生徒がルミネ新宿に雑貨のお店を開業。その2
    三井(右)
  • 69ギフトショーセミナーご清聴御礼<(_ _)>
    yagi

links

profile

others

mobile

qrcode