「猫の雑貨屋さん」新刊刊行! 雑貨屋さんの開業、経営、雑貨の仕事に関するテーマが満載!! ZakkaSchool.comPRESS

雑貨の学校PRESSトップ


ZakkaSchoo.comPRESSとは、雑貨の学校が発行しているWEBマガジンです。不定期刊行 

雑貨屋さんの開業運営、雑貨の仕事に関するテーマが満載!!

  • 最新号 NO.08:先輩教えて2  開業して9ヶ月のOBのお店。NEW!

    雑貨写真 メルマガで一部配信済み

    • NO.00:目次と最新号のお知らせ

    • NO.01:雑貨の学校で受講中の方の目的やきっかけ、感想、受講の雰囲気。

    • NO.02:雑貨店オーナーにアマチュアが質問。仕入、バーゲンのこと、苦労話。

    • NO.03:雑貨バイヤー、雑貨デザイナー、雑貨店長他の若手業界人の座談会

    • NO.04:雑貨店を開いたオーナーに取材しました。こだわりやその考え方。

    • NO.05-06:雑貨屋さん、雑貨店のオーナーの座談会。開業、店作り、工夫を語りました。

    • NO.07:初心者だけど7時間で12万売り上げました。


    JUGEMテーマ:インテリア小物・雑貨

手づくり作家、雑貨作家と雑貨屋さんの蜜月はいつまで!? 後編 雑貨の学校ブログ #zakka

2011 ★雑貨作家と雑貨屋さんの今  2/2 後編
 
 今号は「手づくり作家」「雑貨アーティスト」と 
 雑貨店の関係をテーマにした内容です。

 1/2の続きです。

 業界誌発表文なのでちょっと堅めの文章です!

P5141017.jpg
2011年5月14日東京ビッグサイトにて 撮影協力: NoriQuet.


□作家作品の手間、デメリットとリスク

 雑貨店が作家作品を扱うことのデメリットとしては

手づくり作家、雑貨作家と雑貨屋さんの蜜月はいつまで!? 雑貨の学校ブログ #zakka

「手づくり作家」「雑貨アーティスト」と 雑貨店の関係をテーマにした内容です。

業界誌発表文なのでちょっと堅めの文章です!

□作家作品と雑貨屋さん

手作り雑貨作品は、雑貨屋さんでは「商品」ジャンルとして定着している。

一部の雑貨ショップでは、すでにとびきりの差別化商品として、なくてはならないものと言えそうだ。

単行本「雑貨ショップの処方箋」にて、手作り雑貨の作家である「雑貨アーティスト」をテーマに、作家の定義づけ、その作品づくりの目的や活動内容、小売店が作品を商品として扱う場合の心構えなどの分析を試みた。

現在でも、その内容の大方は揺るぎないものと自負しているが、10年経ち、作家や作品商品を取り巻く環境に多少の変化が見られる。

今回は、雑貨アーティスト(作家)や手作り雑貨を扱うショップの最近の状況に関して考えてみたい。

□雑貨アーティストの定義とその目的

少量生産を前提とした「手仕事」などで雑貨作品を制作する作家。

雑貨と括ることができる分野のものを制作する。焼きもの、革や布小物、刺繍やアクセサリー、ぬいぐるみなど、その制作アイテムは実に幅広い。

華麗な経歴を誇るプロ作家やその予備軍である美術、デザイン関連学生、デザイナーやクリエーターが副業的に行う場合もあるが、主婦やOLなどの一般人が趣味(楽しみ)としてはじめた手芸や工芸作品を制作するだけでなく

→その作品を見せたい→売ってみたいという段階を経て、

雑貨ショップやギャラリーで展示販売し「雑貨アーティスト」「手づくり作家」と自他称される場合も多い。

前者との違いは、良し悪しは別として作品づくりに対する動機が気軽で気負いがないこと。

ビジネスとして「儲けたい、稼ぎたい」という意識が薄いことがあげられる。

手間や時間、材料費などの経費を考えると、到底黒字とは思えない価格の作品商品も多い。

それでも活動する理由は、ショップの店頭やギャラリー、WEBで華やかな自己表現を楽しみながら行えることにある。

採算を度外視しても得られる、自身の個性の表現と社会に対してのアピールは何物にも代え難いと言う。

その作品の展示場所としては、ギャラリーよりも雑貨ショップの店頭が好まれる。

ギャラリー使用には、一般に高額なリース料や、集客の難しさなどの多くの高いハードルが待ちかまえているが雑貨ショップで取り扱われる場合は委託商品としての販売手数料のみで、スペースのリース料は要求されないことが多いからだ。
 *ボックス(箱貸し)ギャラリーは、リース料が必要。

また、マスコミに多く取りあげられる著名ショップでの作品の取り扱いは作家にとって一種のステータス。

ショップのバイヤーに認められたという客観的な評価は、自作への評価が曖昧な手作り作家達にとって、願ってもないもの。

ショップへの来店客のなかから、作家自身のあらたなファン獲得の可能性があることもメリットとしてあげられるだろう。

□雑貨ショップのメリット

一方、雑貨作品を商品として扱うショップのメリットは、まず手作りで少量生産のため、他店との絶対的な差別化商品として有効であること。

例え近隣のライバル店が同一作家と取引しても、手作りのため、ひとつひとつの作品の趣や表情が違い、一つとして同じものがない。

一般に小規模な雑貨ショップに対して委託取引を積極的に持ちかける商品供給企業(メーカー、卸)は少ないだろが、雑貨作家との契約は委託取引がほとんどであり、在庫リスクが発生しにくい。 

一定期間ごとの展示販売委託契約のため、短期間、多頻度の売場の作品商品の入れ替えの結果、売場のMDの新鮮さを保ちやすくなるのもメリット。

作家がショップの来店客を意識するのと同様に、ショップとしてもその作家のネットワークで、自店にあらたな来店客が見込めることなどをメリットと考えている場合もある。

2/2に続く

(11年2月10日20時メルマガにて配信。08年11月、雑貨業界誌に執筆したものに加筆修正)


富本雅人

はじめる雑貨屋さん   売れる雑貨屋さん

zakka_school

にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ

人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:ビジネス


雑貨屋さんのPOP/手書きか否か?それが問題

□「えっ、手書きがあたりまえでしょ」と彼女

ある企業(非物販)の雑貨店開業準備の会議。
近々、はじめての物販事業=生活雑貨ショップをオープンする予定です。

その店舗計画もほぼ決定し、今日の会議はPOPの内容と
その制作方法がテーマ。
 

*POP= point of purchase(購買時広告)。
ショーカード、店内ポスターなど。

 


趣味性の高い(こだわりの)生活雑貨を扱うことから、
店長はじめ各スタッフのそのショップへの思い入れは強いのです。

はじめる雑貨屋さん   売れる雑貨屋さん   zakka_school

にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ

人気ブログランキングへ

本文はこちら

 


雑貨仕入の心得 上級編

雑貨見本市買付心得4(上級編)
仕入上級者への3つの提案

今回は買付心得初級編
中級編(1/2)
中級編(2/2)につづき、上級編。

初心者、中級者の方にも、参考にしていただければ幸いです。
*ここでは、国内の仕入れ業務の経験が5,6年以上の小売店バイヤー(オーナー)を上級者と想定しています。

上級者の方に心得というのもちょっと「よけいなお世話」ですので、いつもの見本市の利用法に、ぜひプラスしてほしい内容を提案します。

富本雅人


はじめる雑貨屋さん   売れる雑貨屋さん   zakka_school

にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ

人気ブログランキングへ

本文はこちら

「挨拶のないカフェ」

「挨拶のないカフェ」 -売れる雑貨屋さん番外編-

 「挨拶のないカフェ」なんか、「あわて床屋」みたいで、
 昔の童謡の題名みたいですね(笑)。

 雑貨店をこれからオープン予定の人の参考になれば幸いです。


この雑貨(商品)売れますか? (2)

この雑貨(商品)売れますか?(1)の続きです。


例えば、

なんてことのないインテリア雑貨の○○。
  *○○=なんでもいいです。
商品単体で見ると取り立てて良いと思わない素材、品質、デザイン。
値段(小売価格)も特に安いということもない。商品自体に売れる魅力が
あまりないもの。

しかし、もし

この雑貨(商品)売れますか? (1)

メーカーの商品企画開発から雑貨ショップの仕入れ、輸入商
社等の買い付担当者(バイヤー)まで様々な立場の方からよく
聞かれる質問がこれ。

サンプル、商品やデザイン画、企画書、カタログを見せてく
れながら

 「これ売れると思いますか?」
 「このデザインどうでしょう?」
 「某国で流行ってるんですが、日本も売れますよね? ね」
 「この商品、どうでしょうか?」・・・・etc
 と質問されます。

うーーん。シ

○○屋さんが、雑貨ショップになるということ(2)

○○屋さんが、雑貨ショップになるということ(1)からの続きです。

以下の4つの内容に関してまず確認します。
*商店街の業種店が雑貨ショップへのリニューアルを希望されている場合

○○屋さんが、雑貨ショップになるということ(1)

文具店、食器店、家具店、玩具店、書店など商品分野別取り扱いの小売
業のことを「業種店」と言います。
商店街のいわゆる○○屋さんと言われている小売店のことと思っても
らっていいでしょう。

そういった商店街などの小規模な業種店からの雑貨商品導入(売場展開)
に関するお問い合わせやご相談が、けっこうあります。
*もちろん、業務(仕事)としての依頼です。

主に共通することは、
続きを読む >>


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

【雑貨の学校】受講生募集!店作りと雑貨の仕事の講座

人気雑貨店オーナー集合

ショップオーナー集合
10年続くお店も!

雑貨屋さん開業情報

selected entries

categories

search this site.

archives

recent comment

  • 20歳の生徒がルミネ新宿に雑貨のお店を開業。その2
    富本
  • 20歳の生徒がルミネ新宿に雑貨のお店を開業。その2
    齋藤(左)
  • 20歳の生徒がルミネ新宿に雑貨のお店を開業。その2
    三井(右)
  • 69ギフトショーセミナーご清聴御礼<(_ _)>
    yagi

links

profile

others

mobile

qrcode